Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/18:猪突盲信

相変わらず即座にログを書けないですね、こんにちわ。
月曜火曜ならともかく木曜日とは・・・。
そもそも先々週のコメントに気付かずです。くれた方々本当にごめんなさい。

そんなわけで土曜日のログをご紹介。
用事が重なって二週間ぶりのフライトです。

タスクはTO-花王工場-キヌ大橋-NASA。
90kmくらい?
大門さんに無理言って相手をしてもらいました。
メンバーは豊田シゲトさんいっくんに大門さん。
いっくんはスタート時不在のため三人で飛びました。

午前中は雲底まで上がりきっていなかったのでがまんして昼前にTO。
めずらしくがまんしたのは大門さんに遊んでもらうためでしょうか。

そんなこんなでツバメ雲底1500、大門さんを先頭に少し高く豊田シゲトが追いかける格好でスタートしました。
雨引でヒットした大門さんの上にかぶろうとしたら、間に合わず下に。
1サーマルで追い抜かれるとは・・・・・・。
グライドスピードが遅かったかなぁ、スタートで一周よけいだったかな・・・。

そんかこんなであっという間に富谷山の裏で雲底1600。
内藤さんも合流して4人になりました。
しかし、そこから花王方面、西の平野はあいにくのブルーホール。
まさしく去年のEJCです。

さて。
もちろんブルーホール内の花王に向かって長いグライド開始です。
横を見ると少し離れてシゲトさん。
・・だけかぁ。
ん~大人の大門さんは引き返したようです。
テストフライトだし当然でしょうか。

全くサーマルは無く、ただただブルーの中グライドする猪2匹。
でもでも。
上がることを信じて疑わなかったのが功を奏したのか、花王でそのまま降りそうなところでなんとかヒット。
いい気になって回していたのですが、700で打ち止め。
上空一瞬雲ができたのですがあっという間に消えてしまいました。

さすがにキヌ橋は無理かなと思い、リターンすることに。
最寄の雲ができている山に向かいます。

ん、益子の町のそばに降りてしまいました。
ほとんど戻って無いじゃん!

山に行っても上がらず平地に戻り、すこし粘って降りた、という感じですね。
結局、大方の予想通りに猪突盲信になってしまいました。

あ、いっくんも花王までやってきたので猪は3匹ですね。
自分がリターンする途中ですれ違うくらい。
ボゴングに向けて気合十分といった感じに見えます。
うらやましい・・・・。

フリーフライトが楽しくてしょうがないと、大会のことは気にしないで済みます。いいことです。
スポンサーサイト

11月2日から5日:足尾の大会

足尾で大会でした。
ふむふむ。
57位!!

ビックリデス。
ひとまずリザルトを印刷して部屋にでも張っておきましょうか。

ついでに今年のリーグは55位。

スーパースポーツの時よりもずっと低い順位でございます。
なんだかなぁ・・・。

こやつがガンバッテタ。
200611021202000.jpg


さてさて。
今年、非常に大会結果が悪い原因を考えてみます。
というより文章にしてみます。書くことで何か見えるかもしれません。

ふむふむ。その前に軽く飛びを紹介します。
今回の大会、最終日。

最初の20分スタート前の位置は真ん中くらい。
スタート直前に上げ渋ったのが原因でしょうか。
一応スタートを切るも、足尾一帯がオーバーキャストになっており低めで動くのはリスキー&スタックすると判断。サル公園を取らずにUターン。
次の30分スタートでばっちり雲底からスタート。
しかしサルカベが上がらない・・・。
コース取りが悪かったのか、山頂につけなかったので足尾でねばる場所がない・・・。
イヤな予感を感じながら、ツバメのふもとのガーグルに遅れてつっこむ。
結果、板敷沈。
ツバメのふもとガーグルは自分より上の人は全員上がっていたのが印象的でした。

さて。この一本だけをあれこれ悩むのはあまり好きではありません。
そこで去年の自分と今回の自分、何が違うのかを考えてみました。

・体重が3,4kg軽い
・一つ歳をとった
・グライダーも一つ歳をとった
・社会人になった
・車を買って大喜び

このくらいでしょうか。

池田の大会までは、フリーフライトの量が少なくなっていました。
成績が悪いのはそのせいかなと思い、練習量を去年並にした上で挑んだ今回の大会でした。

というわけで飛んでいないわけではないので(少なくとも本数は)、上に挙げたものに、不調の原因が潜んでいるのではないかと予想されます。

ここでまず気になるのが体重でしょうか。
明らかな悪材料です。
足尾の大会までに増やしたかったのですが、残念ながら体は言うことをきかず。
学生時代はジムに通って筋肉で増やしていたので、それを再開せねばなりません。

例えば、去年の丹沢の大会でも散々な結果でした。
「軽めで飛んでいる」+「丹沢の強烈なサーマル」という状況に自分のメンタルが対応できなかったからだと考えています。

今年3月の板敷は、一本のみでしたが10位となっています。
まぁ悪くはありません。
この時は軽めの体重でも、渋いサーマルだったので飛ぶことに集中できたのでしょう。

今回の足尾はさらに体重がさらに軽くなってしまったため、丹沢の時のようなメンタル面の弱さが露呈したと考えています。

そうはいっても、今回の渋さでそれはちょっと・・・・・・。
他にも理由があると考えるほうが自然です。

他には、メンタル面が弱くなった可能性を考えています。
去年までの「残り少ない学生生活なのでがんばるぞ」という気持ちが重要だったのかもしれません。
これはもう少しフリーフライトを続けながら考えてみたいと思います。
飛ぶのがとても楽しいと思うのは今までと変わっていないので。

しかしながら、今の精神状態でが0.2点差の世界戦出場権争いに勝てるかというと大いに疑問です。
何かを変えなくてはいけないようです。

グライダーに関しても、自分の気がつかないところで劣化しているのかもしれません。
もう一度チェックしてみます。まずはバテンかな・・・。

なんにしろ、再出発という気持ちは大いにやる気を沸き立ててくれます。
なにやら楽しい気分にさせてくれます。

うんうん。

Appendix

人生が輝き出す名言集 第2章



presented by 地球の名言

最近の記事+コメント

文字を大きく・小さく

    最近のトラックバック

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター

    検索フォーム

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。